ゲーム用PCはグラフィックボードが搭載されています

ゲーム用のパソコンと、普通に家庭や仕事で使っているパソコンは何が違うの?という初心者の方もいらっしゃると思います。
パソコンでゲームをしたいけど、今自宅にあるパソコンでは動くのかすらわからない、逆にゲーム用のパソコンを購入しても、プライベートで使えないのでは、金額の高いゲームハードとなり勿体無い気がします。
まず、ゲーム用パソコン、ゲーミングPCと呼ばれているパソコンは、家庭用や仕事用のパソコンと何が違うのか?と一番の違いを上げるのならば、それは『グラフィックボード』の違いだと思います、次いで『CPU』と『メモリ』だと思われます。
この2点がまず大幅に違います、最近のゲームは3DCGを多用しているので、そういった3DCGを沢山綺麗に写し出すために、グラフィックボードやCPUが仕事をして、より早く、より快適に画面に映し出そうとしております。
その機能が不足していては近年の3DCGゲームはまともに起動せず、映し出してもカクカクとするか、下手すると起動すらできずに終わると思います。
なので、その2点の機能を、通常のパソコンから交換すれば起動はできると思いますが、ただそのグラフィックボードやCPUとメモリを接続する基盤であるマザーボードが、それらを受け止める能力が無ければ、結局交換ができません。
主にそういった機能以外は、ゲームパソコンも通常のパソコンも変りません、本体の機能的には、ゲームパソコンはそういった3DCGも快適に処理できることから、オフィスソフトなども快適に動作することができますし、動画なども問題なく処理できます。
もし、将来的にパソコンでゲームをしたい、と考えているようであれば、ゲームパソコンを予め購入したほうが後々公開することはありません、あとでゲームがしたくなって、部品を交換、交換対応できなければ最悪買い替えとなり多大な費用がかかってしまいます。
ゲームパソコンはゲームもできる高性能なパソコンと考えていただき、ゲーム専用のパソコンではないことを覚えておいたほうが良いでしょう、むしろ色々な事ができるいざというときにも頼りになるパソコンです。

普通のパソコンとの違いはスペックだけではありません。PCケースの形状にも違いがあります。グラフィックボードが搭載され、他のパーツも高性能になることは、発熱量が増えることに繋がります。特に高性能なグラフィックボードやCPU、電源は熱くなりやすく、ヘタするとカクカクしたり電源が落ちたりしてしまいます。「熱暴走」なんて呼ばれることもあります。

このゲーム用PCの熱暴走を防ぐためにPCケースが大きくなっているのが特徴です。PCケースが大きくなるとパーツ同士の距離が離れます。近いとお互いの熱が干渉し合い、余計に熱暴走を引き起こしやすくなります。でも距離が空いていれば、その空間に風邪を通すことで適切な温度に保てます。また、PCケースが大きければ搭載できるファンを増やすことも可能です。ケースファンが1つよりも3つあったほうが、空気の循環が増えて冷やせるわけです。ゲーム用PC.jpのデスクトップを見るとどれも大きい物ばかりです。小型なものもありますが前述のとおり熱対策のために大型デスクトップのほうがおすすめです。ゲーム用ノートPCの場合は、薄型なものはまずありません。少し厚みを持たせることで空冷効率を良くしています。